最新情報

クレジットカードの使い過ぎでお金が無くなる

社会人になった時にクレジットカードを初めて作成しました。社会人ならば1枚くらいクレジットカードを持っているのが普通だと思ったからです。しかし作成してからしばらくは実際に使用することはありませんでした。 そんな私がクレジットカードを使い過ぎるようになったのは、インターネットにてショッピングをするよう...

兄弟の保証人になって損したことについて

兄が商売をしていて、事業資金の融資をうけるためには、信用保証が不足しているらしく、保証人になってくれといわれ、保証人になったことがあります。最初は軽いつもりでしたが、兄の返済が滞り、そのつけが私にきました。 金融機関もすぐに代替での返済は求めてこないみたいですが、数回の併催滞納があったらしく、私...

クレジットカードの利息が高くて返済できない

クレジットカードを利用していることが多く、それに応じて返済額を増やさなければならないと思っています。しかし利用している金額があまりにも多くなりすぎて、返済するのが難しい状態となってしまいました。いつの間にか20万円も利用していることを知らなかったので、返済額に対して使い過ぎの状態となってしまったの...

現金がない中で、タバコか飯か…という撰択

学生時代の話なのですが、年末年始の銀行のATMが止まることをまったくもって忘れていて、結構大変なことになりました。まさに「5日間をどう過ごすか…」という状態でしたね。 なぜなら、手元に現金がないのですから。それに、学生時代はクレジットカードを持っていませんでした。なおかつ、今のように即日発行のクレジッ...

長年の癖が抜けずに金欠状態に陥ってしまいました

私は子供の頃からお金に困ったことのない家庭で育ってきました。甘やかされて育ったため、欲しいものは欲しいと言えば買ってもらえましたし、お小遣いも結構もらっていたので、自分自身もお金が足りないと感じたことは一度もありませんでした。 そのせいで、社会人になって一人暮らしを始めてからも実家にいたときの癖...

友人にお金を貸すべきか貸さぬべきか

今より数年前、友人にお金を貸したことがあります。金額にして三十万。バイクを買おうと必死で貯めたお金と、その時の全財産を足したものでした。 何故そんな、当時の自分にとっては大切なお金を貸したのかといえば、相手が小学校から付き合いのある親友だったからです。そして友人が恋人に、借金の保証人にされて悩ん...

計画性のない散財をして、米一口で毎日を凌いでいた経験

一人暮らしをしていたときの、お金の危機体験談です。 若いとき、一人暮らしをしていて、一人暮らしができた嬉しさからとんでもないお金の使い方をしていたことがありました。 実家時代からため込んだお金も、一人暮らしを始めてから、見栄を張って高級家具で取りそろえたりしたためです。 それだけにとどまらず、服...

返済する順番を考えてなんとか生き延びました。

私はかなり貧乏な時代がありました。 収入が低い割にいろいろと飲み会などに顔を出さないといけない時期がありまし。 そうしないと、人脈などは広がらないし、仕事もなかなかもらえないというなかなか苦しい時期でした。 人が生活していくと、お金がかかります。中でも光熱費や家賃や通信費などは必ずと言っていいほ...


サブコンテンツ

このページの先頭へ